建築家の建築作品集・Webオープンハウス-工事監理〜竣工写真編

建築家・今野暁史の建築作品集です。
現場監理から竣工まで建築家目線で現場をレポートしていきます。
※こちらのブログではHPのコンテンツの一部として工事現場の写真や竣工写真を紹介しています。
建築家のプロフィールや建築相談はHPよりご確認ください。
白いキャンパスの出来上がり
外観

今日はついに引渡しの日。
まだ若干残工事が残っていますが、竣工です!
完成はうれしい反面ちょっとさびしいですよね。

この建物は、道路斜線や北側斜線等さまざまな制限がありましたが、天空率等を駆使してかなり苦労して建てられています。
なので、外観はちょっと複雑な形をしています。

リビング

部屋の中にいるとその苦労がなかなか伝わりません。
まぁその苦労が伝わってはいけないのですが(笑)
家具の配置を想定した部分がところどころあって、なにもないがらんどうのままだと不思議なスペースのある特殊な建物です。

収納

私はお施主さんの飾り付け、物選び等のセンスをとても信頼していて、この無垢の状態の空間をどのように展開していただけるかが楽しみです。
一部ではアンティークの家具を壁に埋め込んだり、

エントランス

アンティークのドアの取り付け方法を現場監督さんと相談して取り付けたりといつも以上に、現場やお施主さんの力にも助けられて創り上げました。

キッチン

ある意味、クリエーターが二人いるような現場で、お施主さんの意図を上手く汲み取れているか? 正しく伝わっているか?
最後まで確信を持てない中で、最大限努力して完成に導きました。

廊下

竣工間際、お施主さんから
「今野さん!とてもかっこいい。ありがとう!」といった趣旨の感謝の言葉いただき、とてもほっとしました。
それは、「お施主さんの想像を飛び越えられた」と書くと大げさですが、そんな感じのうれしさでした。

やはり、現場でうまくいかないことや、苦しい事、辛い事が全くないわけではありません。
でも、最後にお施主さんが喜んでくれることが何より励みになり、自信になりますね〜

スイッチ

特殊な形状のトグルスイッチを採用したり、

小窓

現場で納まりを考えたり変更したりして、本当に大工さんにも現場監督さんにも助けられました。
本当に本当に感謝です。

この空間がどのように飾り付けられるか。
ワクワクでたまりません(笑)

| House in Funiture | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0)
完了検査〜まもなく完成
ペンキ

今日は完了検査がありました。
建築確認の完了検査と品確法の検査を同時に受け、概ね問題なく合格となりました。
一部書類等の追加訂正等ありますが、引渡しに向け大きく前進です。

アンティーク家具

現場はクロスの工事も終わり、塗装工事等を行っています。
(仕上げ工事の一部は法律上の完成とは異なりますので一部平行して行われています)
やはり、クロスが貼られ壁が白くなると雰囲気が大きく変わりますね。
足場や保護シートで包まれていた頃に比べ格段に明るくなりました。

施工段階にはお施主さんが少し明るさを心配していたのですが、おそらくこの出来上がりを見ていただければ安心してくれるのではないかと思います。

しかし、この明るさについては伝えるのが難しいですね。
どのくらいで明るいと感じていただけるかがわからないので、私が充分な明るさだと判断しても、それがお施主さんの意見と一致するとは限りません。
あとから簡単に窓を追加できればいいんですけどね・・・

ペットドア

ドアはアンティークのドアをお施主さんに支給していただき納めました。
これは本当に建具やさん、大工さんの力添えあっての産物です。
ドアに開いた穴は猫ちゃん用。
家型にくり貫いてもらいました。
なかなかかわいいです。

アンティーク小窓

そして、さらに大工さんに感謝なのはこの小窓の納まり。
製品自体にゆがみがあり、普通に取り付けることが出来ずに苦難した場所です。
窓に張ってあるのが私のスケッチなのですが、駄目もとで、できたらこんな風に出来ないか?と書いたものを苦労して納めてくれました。
予想以上の出来上がりに大満足です。

IKEAキッチン

キッチンはIKEAのものを採用。
やはりIKEAのものはコストパフォーマンス高いですね。

トイレ表示錠

その他、細部にもお施主さんのこだわりが詰まっています。
この家もこれから配置される家具が家の重要な部分を占めています。
北欧家具や雑貨が散りばめられる予定です。
今から楽しみでなりませんね。

| House in Funiture | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0)
職人に感謝〜仕上工事始まりました
R壁

大工工事もほぼ終わり、完成形が見えてきました。
今一度、現場の確認です。

R壁

現場の途中で追加になったR壁部分。
曲線部分はこのようにベニヤを丸めて形を作ります。

階段

階段部の手摺はお施主さんのイメージをうかがって形にしました。
こういった自分からイメージを発信するのではなく、受身の部分は特に出来上がりが心配になります。
お施主さんのイメージを受け止め切れているか?
きちんと意図を汲み取れているか?
完成するまでお施主さんと同じ形を目に出来ないのでほんと建築って難しいなと感じます。

タイル工事

玄関のタイルを施工しているところ。
綺麗に並べられたモザイクタイルの隙間に目地材を詰めています。

タイル工事

作業中の職人さんの真剣な眼差しってかっこいいですよね。
本当は正面からかっこよく写真取りたいんですが、ちょっと控えめに後姿を撮らせて下さいと頼んで撮影してます。
後姿っていうと断られない可能性が高いもので(笑)
後姿から感じる気配が好きなのもありますけどね。

クロス工事

出来ればその家を造り上げた職人さん一人ひとりの姿を撮影してお施主さんにプレゼントしたいところなのですが、写真を嫌がるかたもいるし、設計側からはなかなか発信しづらいんですよね。。。

大工さん

それと、現場がバタバタとしているととても頼める状況じゃなかったりして、この仕上工事に入る段階だと少し落ち着いて話せるので頼みやすくなったりします。

スーパーでよく見る生産者は私ですみたいなタグありますよね。
あれと同じように工務店が作っていただいた方を表示する?様なサービスあってもいいとおもうんですけどね。
工務店によっては、同じような感じのことしているところあるのかな?

建売の家でなく、注文住宅の家だからこそそういった家の出来上がるまでの痕跡が少しでも残ればいいなと思っています。

このblogも少しは役割を果たせていると良いのですが・・・

| House in Funiture | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0)
IKEAのキッチン&支給品工事
HouseinFuniture吹き抜け

大工工事がほぼ終わりました。
内装等の仕様決めの最終段階です。

HouseinFunitureキッチン

キッチンと洗面化粧台をIKEAで購入取り付けています。
今回はIKEAの施工になれている専属の業者さんに組み立て据付をお願いしていますが、全体の工程の中で調整する工務店としてはやはり進めづらいようですね。
キッチン据付業者の工事の入りたいタイミングと、工務店の工事に入ってもらいたいタイミングが微妙に噛み合わなかったため、洗面所の据付は工務店が行う形になってしまいました。
何度かIKEAのキッチン等を採用してきましたが、スムーズになかなかできませんね。

HouseinFunitureモール

その他、支給品が多々あるのですが、調整が難しいですね。
そんな中、工務店の方には非常によく対応してもらっています。
「このドアハンドルが使えるケースロック(ドアの機構部分)を探してほしい」とか、「○○を届けるので、搬入を手伝ってほしい」等。
本来、工事に組み込まれている場合はある程度諸経費が上乗せされ、そういった手間が見込まれているのですが、支給品という事で工事から除外するとそういった経費が曖昧になり、トラブルの原因になりますね。
経費を別項目で計上するのが理想ですが、それでは工事費を抑えたいお施主さんの意向に必ずしも沿うとは限りません。

重要なのは、そういった頼みごとが本来は費用が必要な事を”お願いしている”という認識があるかどうか。 当たり前のようになんでも任せてしまわない事が重要ですね。
と、頭ではわかっていてもいろいろ頼ってしまいますね(笑)

HouseinFuniture北欧家具

支給のアンティーク家具を寝室の収納として備え付けます。

HouseinFunitureスイッチ

スイッチやコンセント部分も決定し、壁に穴が空けられています、
このスイッチプレートも支給予定のため調整がややこしくなっています。

HouseinFunitureフロアコンセント

フロアコンセント部分はフローリングを加工して作っています。
少し作る手順が複雑な為、現場泣かせです。。。

HouseinFuniture階段

階段の施工中。
フローリングを段板に加工してもらっています。

HouseinFuniture外観

この日は曇っていたから?いつもよりよく外観が見えました。
まもなく、足場が外れる予定です。
はやく、全体を見たいですね。

しかし、本当に監督さんにはよく対応してもらっています。
感謝感謝です。

| House in Funiture | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0)
断熱検査での注意点〜隠れる前に
防蟻処理

先日、「House in Funiture」の断熱検査が行われました。
通常の工事ですと、役所・審査機関の検査のない項目なのですが、住宅性能評価を受けているこの物件では必須の検査です。
私はこういった検査とは別に、各工程毎検査を行っているのですが、役所・審査機関の断熱検査を受けるのは初めて。
どんなところをチェックするのかな?と注意深く観察させていただきました。

断熱材

検査のほうはほぼ問題なく合格。
ただし・・・
私のチェックではイロイロと問題視するところがあり、そこは是正してもらう事になりました。
Blog等でそういった指摘をすると誤解を招きそうですが・・・
基本的に今回の工務店は非常に優秀でキチンと施工できているからこそあえて記載させてもらっています。
※今回の指摘は高い断熱基準としている場合の問題である為、全ての施工現場に当てはまるわけではありません。

まずは上の写真のような筋交部分の施工。
検査員もここは難しいですよねと合格としましたが、メーカーの施工要領書に基づく施工法で直してもらうことになりました。
写真のような施工ですと、断熱材が上手く入らないところが増えてしまうのと、断熱材と一体となっている気密シートの施工がキチンと行えないからです。

大きな問題は二つ。
オーバーハングの断熱材の気密シートの施工が抜けていました。
この部分は最も断熱施工が難しい部分。
検査時には隠れてしまっていた部分ですが、施工手順等を確認すると施工されていないことが発覚。
断熱材を一旦はがして是正する事に。

もうひとつは断熱材の貼り方。
これは同じ断熱材を使った際に、施工中に断熱材が大きくずれてしまっている状態を目にしたことがあるから。
その時は、工務店がキッチリと施工したのに下がったものを直すのか?施工不備はない。
とかなり反発されたのですが、実は施工要領書と断熱材の袋に書かれた注意事項を守っていなかった事による垂れ下がりだった事が判明。
今回もソレと同じ注意事項が守られていなかったので、ズレ下がる前に直していただく事になりました。

断熱材充填

サッシ廻り等できちんと断熱材が充填できない部分はしっかりと発泡断熱材を充填していました。

釘打ち確認

前回の躯体検査で抜けていた釘の施工確認。
キチンと施工されていました。

壁の一部で下地を現段階で入れておかなければいけない部分を是正指示。
このまま放置されると耐力壁が効かないことに。。。
危ない危ない。

サッシ廻り

サッシ廻りの防水施工の確認。
問題なし!
キチンと通気の経路も確保されておりすばらしいです。

通気部材

新しく採用した通気部材。
日に日に建材も進化しています。

通気部材

防鼠・防虫材の施工確認。
壁の中に空気の通り道を作っているのですが、そこに鼠や虫が入りにくいように施工します。

ラス網

通気ラスの施工確認。
キチンと下から順番に施工されていました。
施工の順番はとても大事です。

工事が進んでしまうとどのような手順で施工したかはわからなくなってしまいます。
工事を先読みして確認をおこないますがなかなか難しいんですよね。

| House in Funiture | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0)

このブログはAkatuki Design 一級建築士事務所の外部サイトです。

建築作品の紹介と現場監理の様子をブログ形式で発信しています。※現在は試運転中です。
Akatuki Design 一級建築士事務所 HPのご紹介
北欧モダン住宅設計のAkatuki Design一級建築士事務所
本ブログはAkatuki Design 一級建築士事務所のコンテンツの一部をBlog形式で紹介しているものです。
HPでは、家造りに役立つコンテンツや、作品集、趣味の海外旅行の写真など幅広い情報を載せております。
是非、HPもご覧下さい。
東京都荒川区の建築設計事務所 Akatuki Design( アカツキデザイン)のHPはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Picture Slideshow

建築無料相談・リフォーム相談
建築無料相談会実施中

建築無料相談をお受けしています。
土地購入・不動産探しから新築・リフォームまで様々な相談にお答えしています。
ハウスメーカー、デザイン事務所、建築設計事務所での経験を生かし無料でアドバイスしております。
お気軽にご相談下さい。

→建築無料相談のお申込はこちらからお願いします

建築家のつぶやき
建築家・今野暁史のつぶやきです。


Akatuki Website Search
Loading

Akatuki Design 一級建築士事務所内の関連コンテンツ内を検索できます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 生活観の伝わる写真〜伝えたい写真
    akatuki (04/01)
  • 生活観の伝わる写真〜伝えたい写真
    ウチ (03/31)
  • 大工工事も終盤〜ほぼ形が見えてきました
    akatuki (11/07)
  • ワンパクどころ〜昇り棒で繋がる家族の絆
    akatuki (11/07)
  • ワンパクどころ〜昇り棒で繋がる家族の絆
    uchi (10/31)
  • 大工工事も終盤〜ほぼ形が見えてきました
    uchi (10/31)
  • 台風に備えて〜見えない壁・屋根の中
    akatuki (09/16)
  • 台風に備えて〜見えない壁・屋根の中
    uchi (09/15)
  • 工事着々と〜BistroHouse工事現場
    akatuki (07/03)
  • 工事着々と〜BistroHouse工事現場
    ウチ (07/02)
LINKS
アカツキデザイン建築設計事務所のHP Akatuki Design 一級建築士事務所の作品集や、建築家個人の旅行記等をご覧いただけます。
その他、家造り初心者の為の建築情報コーナーも設けています。
PROFILE
建築家・今野暁史(こんのさとし) 東京都内を中心に、埼玉県、千葉県、神奈川県の新築戸建住宅の設計・監理や、中古マンションのリフォーム・リノベーション業務を中心に行っています。
土地探しからのご相談や、具体的でない物件の建築相談等もお受けしてます。
”ライフスタイルをデザインする”をモットーにデザインのみでなく、住まい手の快適性・利便性の良い住まい造りを目指しています。
家事楽な住まいや子育てを愉しむ住宅、頭の良くなる子が育つ家などのアイデアを盛り込み、北欧モダン、和風モダンといった落ち着きある心休まる空間作りを行っています。
RSS表示パーツ