建築家の建築作品集・Webオープンハウス-工事監理〜竣工写真編

建築家・今野暁史の建築作品集です。
現場監理から竣工まで建築家目線で現場をレポートしていきます。
※こちらのブログではHPのコンテンツの一部として工事現場の写真や竣工写真を紹介しています。
建築家のプロフィールや建築相談はHPよりご確認ください。
プチパーティー〜生活が始まって
ビストロハウス

ビストロハウスのお施主さんに招待されプチパーティーに参加してきました。
いろいろ使い勝手の確認や写真を撮らせていただこうと思っていたのですが・・・

子供達の相手をしているうちにすっかりおざなりになってしまいました。

ビストロハウスリビング

竣工時の家具の無い状態と違って、やはり家具の入った室内のほうがステキですね。
もちろんお施主さんの家具のセンスや飾り付けの妙も手伝っているのですが、何よりもそこに生活の跡があるという事が重要だと思います。
ただ単なる建築をデザインしているのでなく、そのライフスタイルをデザインすることを目標としている為、生活し始めた様子こそ求める姿であるからです。

ビストロハウス

もちろん全てが私の想定通りとはなりません。
自転車を飾る想定だった壁はコートハンガーとして利用していました。

ビストロハウス黒板

その為、少し余裕のある廊下は子供が走り回るのに十分なスペースとなっていて、この日はプラレールが線路を飛び出し走っていました。

ビストロハウス本棚

家族のライブラリーも埋まりつつあります。
本はもちろん、アルバムや雑貨などが飾られる棚。
各々の趣味のものが飾られ共有する場所です。
家族の思い出や趣味の集約する場所をリビングに設けました。

BistroHouse書斎

リビングの一角に設けられた書斎コーナー。
黒板塗装の間仕切りに囲まれちょっと落ち着く場所。
高い壁を設けず、圧迫感を与えずに空間を仕切っています。

ビストロハウス子供部屋

リビングから子供部屋が見渡せるプランなのですが、やはり見通しが効くのがいいですね。
リノベーションによって真南にあったリビングを北側に移動させたのですが、明るさも充分で広さも感じられる間取りになりました。

子供部屋のかわいらしい飾り付けが生活に彩を与え、家族の一体感も生まれる住まいとなっています。
これから、お子さんの成長とともに家の使われ方も変化し、いつかは目隠しがされてしまうかもしれません。
しかし、それ以上にこのガラスのスクリーンは家族にとって重要な要素になると信じています。
いつか、そんな感想をお子様から聞くことが出来ればいいなぁと思っていますが、そう感じてくれるまでにはまだまだ時間が必要でしょうね。

そんな家族の変化、生活の様子をこれからも見守らせていただければと思っています。

| Bistro House | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0)
BistroHouse竣工しました〜美味しい生活が始まります
Bistrohouseリビング

BistroHouseが無事竣工いたしました。
今回は二回に別けて竣工写真をUPしたいと思います。

この家はキッチンが中心の間取りで、調理をしながら家族の様子を眺められるように。
また、逆に料理をしている姿が家族に見える様に考えたプランです。

ビストロハウスリビング ガラススクリーン

リビングと子供部屋とはガラスのスクリーンで仕切られていて、子供の遊ぶ様子がどこからも見渡せるようになっています。

黒板塗装・磁石

書斎コーナーとの間仕切りは黒板塗装を施した腰壁です。
前回紹介した鉄粉入りの下地塗料を塗ってあります。

黒板遊び

この様にお子さんがマグネット遊びが出来るのですが、玄関に入ってすぐに目に飛び込む壁がお子様の作り出したアートになる訳で、毎日の変化を楽しみながら子供の成長も感じることが出来ると思っています。

アクセントカラーとして空間に深みを与えるだけでなく遊び心も満たすことの出来る魔法の壁。
お子さんの成長にもいい影響を与えてくれるのではと期待しています!

ワークスペース

その壁の裏は奥様の書斎スペースで、ちょっと囲まれたつくりになっています。
同じ空間で別々のことをしてもあまり気にならない距離感。
そんな曖昧なスペースです。

玄関・ミラー扉

玄関はタイル張りで黒いものを利用。
シュークロークの扉はミラー扉を採用していて出来るだけ無駄なデザインを省いています。
お施主様には追加の予算を出していただき、原設計に比べグンと玄関の格が上がりました。お施主さんに感謝です。
先ほどの黒板塗装の壁は玄関からこのように見えるわけなので、後はお子さんのセンスに期待がかかりますね(笑)

→平面図や諸データはこちらでご確認ください。

次回は水周りなどの写真を公開する予定です。

| Bistro House | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0)
現場は佳境〜いろいろな色
工事現場写真 工事現場写真

BistroHouseも佳境に入ってきました。
後もう少しで完成なのですが、IKEAのキッチンなど間違って施工してしまった箇所などがあり出戻り作業が出ていたんですけど・・・
塗装工事が始まると、さすがに完成が近づいた気がします。

調色

今回は既存の枠やフローリングを残したりしている為、色・質感の異なる部材が多く選ぶのも一苦労です。

黒板塗装・磁石

今回初めて使う予定をしている黒板塗装。
その黒板塗装の下地に鉄粉入りの塗料を塗ります。
鉄板下地等でなくても磁石がつくようになる機能塗り剤です。

パテ練り中 寒冷紗パテ処理中

下地処理のパテを塗っているところ。
この下地処理がいい加減だと仕上がりにも大きく影響する為、念入りに作業を行ってもらいます。

電波測定

CATVを引く予定のため業者さんに立ち会ってもらい電波状況等を計測してもらいました。
以前引き込んでいた位置より距離が長くなるため障害が出る可能性がありましたが、計測上は問題なく利用できそうです。

塗装が終われば機器等が一気に取り付き完成になります。
後もう少しです。

| Bistro House | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0)
マンションリフォームの盲点?〜GL工法の壁と補強
GL工法写真

今回はGL工法という工法を紹介します。
これは、壁の下地である石膏ボードを団子状のボンドを使って貼り付ける施工方法。
一般的にRC造やS造等で使われるのですが、利点は不陸な壁にボードを張るのが簡単な為、マンションなどで広く使われています。

GL工法写真 GL工法写真 GL工法写真

GL工法は特に吹き付けの断熱材と相性がよく、壁を薄く仕上げられることと、断熱材を欠き取ることなく施工できる為メリットの高い工法なのです。
しかし、マンションリフォームでは、専門業者を手配すると割高になる為に使われないこともあります。
今回は専門の業者さんではなく、大工さんが施工をおこなっていました。
新たな業者を増やすことなく、多能工と呼ばれる職人が複数の工程を受け持つことでコストも抑えているのだと思います。

GLボンドを発泡断熱材に盛り付けボードを押し付けるような形で施工するのですが、このとき押し付けすぎたりすると壁が平滑にならないので、ある程度の経験が必要になるわけです。

しかし、こうやって出来た壁は木軸(または軽量鉄骨軸組・LGS下地)に比べると強度が弱く、壁に簡単に物を取り付けられないのですよね。
そこが時々問題になることがあります。
今回もハンモックを吊るす予定が出来た為、補強方法を検討する必要がでてきました。
壁の下地の状況によって出来ることも限られるので難しいですね。

工事現場写真 工事現場写真

現場は少しづつ進行中です。
劇的な現場の変化はありませんが、これから器具などが取り付き急激に完成に近づくはずです。

| Bistro House | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0)
工事着々と〜BistroHouse工事現場
BistroHouse工事現場

BistroHouseの工事が着々と進んでいます。
東日本大震災の影響で中断していたのが嘘かのようにかなり速いペースで出来ているように思います。

既存天井を利用 マンションの梁型

マンションリフォームで問題になるのが換気扇等のダクト経路と梁型。
外壁に新たに穴を開けるわけにいかないので(管理規約による)、終点は変えずに性能とデザインを満たすように経路を工夫をする必要があります。

既存天井を一部再利用することにしていたのでその取り合いを調整してもらっています。

枠変更 BistroHouseガラス建具

現場ではただ単に出来たものを確認するだけではいけません。
その先の工程がこの納まりできちんと行うことが出来るのか想像力を働かせてチェックします。
例えばこの部分。
壁を作る為の下地なんですけど、ここに下地が入っていると建具がうまく納まらない為、変更していただきました。

IKEAのキッチン BistroHouse工事現場

IKEAのキッチンを導入しました。コストを抑える為にお施主さんに組み立てをしていただいています。
最後の組み立て調整は工事で依頼しているのでお施主さんの仕事もほぼ完成。
ご苦労様です。

BistroHouseスケッチ BistroHouse工事現場

現場説明とお施主さんへの確認でスケッチを何枚か追加して工事を進めています。
図面と併用して使うことで、間違えなどを減らす事に貢献し、こちらの設計意図を伝えやすいので打ち合わせもスムーズになりました。

BistroHouse工事現場 BistroHouse工事現場

今日の現場はここまで進行しました。
スケッチと見比べてもほぼ同じ形で施工が出来ています。
壁がほぼ出来上がり大分完成形が見えてきました。

とはいえまだまだ工事は序盤。
これからです!

| Bistro House | 23:05 | comments(2) | trackbacks(0)

このブログはAkatuki Design 一級建築士事務所の外部サイトです。

建築作品の紹介と現場監理の様子をブログ形式で発信しています。※現在は試運転中です。
Akatuki Design 一級建築士事務所 HPのご紹介
北欧モダン住宅設計のAkatuki Design一級建築士事務所
本ブログはAkatuki Design 一級建築士事務所のコンテンツの一部をBlog形式で紹介しているものです。
HPでは、家造りに役立つコンテンツや、作品集、趣味の海外旅行の写真など幅広い情報を載せております。
是非、HPもご覧下さい。
東京都荒川区の建築設計事務所 Akatuki Design( アカツキデザイン)のHPはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Picture Slideshow

建築無料相談・リフォーム相談
建築無料相談会実施中

建築無料相談をお受けしています。
土地購入・不動産探しから新築・リフォームまで様々な相談にお答えしています。
ハウスメーカー、デザイン事務所、建築設計事務所での経験を生かし無料でアドバイスしております。
お気軽にご相談下さい。

→建築無料相談のお申込はこちらからお願いします

建築家のつぶやき
建築家・今野暁史のつぶやきです。


Akatuki Website Search
Loading

Akatuki Design 一級建築士事務所内の関連コンテンツ内を検索できます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 生活観の伝わる写真〜伝えたい写真
    akatuki (04/01)
  • 生活観の伝わる写真〜伝えたい写真
    ウチ (03/31)
  • 大工工事も終盤〜ほぼ形が見えてきました
    akatuki (11/07)
  • ワンパクどころ〜昇り棒で繋がる家族の絆
    akatuki (11/07)
  • ワンパクどころ〜昇り棒で繋がる家族の絆
    uchi (10/31)
  • 大工工事も終盤〜ほぼ形が見えてきました
    uchi (10/31)
  • 台風に備えて〜見えない壁・屋根の中
    akatuki (09/16)
  • 台風に備えて〜見えない壁・屋根の中
    uchi (09/15)
  • 工事着々と〜BistroHouse工事現場
    akatuki (07/03)
  • 工事着々と〜BistroHouse工事現場
    ウチ (07/02)
LINKS
アカツキデザイン建築設計事務所のHP Akatuki Design 一級建築士事務所の作品集や、建築家個人の旅行記等をご覧いただけます。
その他、家造り初心者の為の建築情報コーナーも設けています。
PROFILE
建築家・今野暁史(こんのさとし) 東京都内を中心に、埼玉県、千葉県、神奈川県の新築戸建住宅の設計・監理や、中古マンションのリフォーム・リノベーション業務を中心に行っています。
土地探しからのご相談や、具体的でない物件の建築相談等もお受けしてます。
”ライフスタイルをデザインする”をモットーにデザインのみでなく、住まい手の快適性・利便性の良い住まい造りを目指しています。
家事楽な住まいや子育てを愉しむ住宅、頭の良くなる子が育つ家などのアイデアを盛り込み、北欧モダン、和風モダンといった落ち着きある心休まる空間作りを行っています。
RSS表示パーツ