建築家の建築作品集・Webオープンハウス-工事監理〜竣工写真編

建築家・今野暁史の建築作品集です。
現場監理から竣工まで建築家目線で現場をレポートしていきます。
※こちらのブログではHPのコンテンツの一部として工事現場の写真や竣工写真を紹介しています。
建築家のプロフィールや建築相談はHPよりご確認ください。
<< 増築工事の問題〜見えない部分の対処 | main | 生活観の伝わる写真〜伝えたい写真 >>
レンガ蓄熱暖房機導入〜結露と湿度の関係
蓄熱暖房機

House in Libraryにレンガ蓄熱暖房機を導入しました。
新築当初はスペースのみの準備でしたが、冬に備え施工しました。
使用感はお施主様から伺っていましたが、一番寒いこの時期に体感しに訪問させていただきました。

体感する上で、蓄熱効果の薄れる夜に訪問させていただいたのですが、やはり温かいですね。
補助暖房なしで充分な温かさです。

吹き抜けがある3階建ての2階部分に1台の設置で、2〜3階をカバーできています。
我が家で導入しているヒートポンプ型の熱源基と違い、こちらはヒーターでレンガを最大700度まで暖めて放熱させる機種。
イニシャルコスト(導入費用)が格段に安い分、ランニングコストはヒートポンプ式より割高になります。
また、設置スペースがそれなりに必要になるなど一長一短ある訳ですが、我が家で導入しているコンクリートに蓄熱するタイプより、温度のコントロールがしやすい点が最大のメリットですね。
また、ランニングコストに関しては通電制御割引が通年適用される為、非暖房期間に電気料金が安くなるなど単純にランニングコストを試算できないのが悩ましいところです。

しかも、原発事故以来電気料金の変動が激しく、深夜電力型の暖房の優位性が怪しくなっています。
24時間稼動し続けないといけない原発があるが故に安く設定されていた深夜電力は、現在割高傾向です。

私が自邸で試算した際(H20.09)では
従量電灯B(第二段階):22.86円/kWh
深夜電力B :9.17円/kWh
でしたが、
現在(H25.02)では
従量電灯B(第二段階):25.19円/kWh
深夜電力B :11.82円/kWh
となっています。

深夜電力も通常の従量電灯も2〜3円の値上げなのですが、
値上げ率で考えると
従量電灯B(第二段階):約1.10倍
深夜電力B :約1.29倍
となっており、深夜電力のメリットが大きく目減りしていることがわかります。
現在の原子力発電所の稼働状況等を鑑みるとこの傾向はしばらく続くでしょうね。。。

なので、これから採用しようとしている方は特に注意が必要ですね。
特にランニングコストのみで採用を検討するのは危険ですね。
しかし、室内温環境としては蓄熱式暖房方式は優秀だと思います。
エアコンのような頭がボーッとすることもないし、自然な温かさを体感する事ができます。
また、外から帰宅した際に温かい家がお出迎えしてくれる事は非常に嬉しいものです。

→日本スティーベルのHP(House in Library で採用した蓄熱暖房機)
リフォームでの採用の場合は荷重等対応可能かご確認ください。

リンビング夜景

せっかく、夜訪れたので写真を数枚撮らせて頂いたのですが、やはり難しいですね。

リビング夜景

なかなか、本来の色を表現する事ができません。
もう少し腕を上げたいものです(笑)

湿り線図
※グラフはウィキペディアより

24時間暖房をしているとどうしても乾燥がちになる為、加湿器をたくことが多くなります。 その結果一部の窓に若干結露が起きてしまっていました。
これはなかなか難しい問題で、室温を高くすると同じ空気中に含む水分量が等しくても湿度は低くなります。
その為、加湿して湿度を上げると、温度の低い家より空気中の湿気はとても多い状況となってしまうのです。

上の湿り空気線図を見て解るとおり、23度で湿度50%の家庭では、窓付近で12度まで下がると露点に達し結露する事になります。
サッシの枠は断熱性の良いガラスに比べ熱伝導率が高く外気温に近くなりがちです。
どうしても、その部分で結露が起きやすいんですね。

これは高気密、高断熱住宅の弊害ですね。
もちろん、サッシの枠自体を樹脂製にするなどの対策も有効かと思いますが、加湿器の利用方法も考慮しないといけない気がします。
それは加湿器をつけるなということではなく、温度や断熱基準、暖房方法によって同じ湿度でも快適性が違うと感じるからです。
気温が○○℃であれば湿度が30%ぐらいでも健康的に問題ないとか、エアコンに比べて床暖房であれば湿度10%低くてもOKとか基準があればいいのになぁと思うのです。

また、蒸気式の加湿器と超音波式の加湿器を比べた場合にも後者のほうが結露しやすいと感じています。
全て私の憶測の域を出ませんが、少なからず湿度というものさしだけで測れない快適基準があると思っています。

話が少し脱線しましたが、家の快適性というのは難しいです。
快適性の基準は人それぞれで、指標がいくつもあり、さらにコストも絡んでくると正解が何かわからなくなります。
写真では伝わらない居心地の良い家。
日々探求を続けております。

| House in Library | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kentikukawork.akatukidesign.com/trackback/69
トラックバック

このブログはAkatuki Design 一級建築士事務所の外部サイトです。

建築作品の紹介と現場監理の様子をブログ形式で発信しています。※現在は試運転中です。
Akatuki Design 一級建築士事務所 HPのご紹介
北欧モダン住宅設計のAkatuki Design一級建築士事務所
本ブログはAkatuki Design 一級建築士事務所のコンテンツの一部をBlog形式で紹介しているものです。
HPでは、家造りに役立つコンテンツや、作品集、趣味の海外旅行の写真など幅広い情報を載せております。
是非、HPもご覧下さい。
東京都荒川区の建築設計事務所 Akatuki Design( アカツキデザイン)のHPはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Picture Slideshow

建築無料相談・リフォーム相談
建築無料相談会実施中

建築無料相談をお受けしています。
土地購入・不動産探しから新築・リフォームまで様々な相談にお答えしています。
ハウスメーカー、デザイン事務所、建築設計事務所での経験を生かし無料でアドバイスしております。
お気軽にご相談下さい。

→建築無料相談のお申込はこちらからお願いします

建築家のつぶやき
建築家・今野暁史のつぶやきです。


Akatuki Website Search
Loading

Akatuki Design 一級建築士事務所内の関連コンテンツ内を検索できます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 生活観の伝わる写真〜伝えたい写真
    akatuki (04/01)
  • 生活観の伝わる写真〜伝えたい写真
    ウチ (03/31)
  • 大工工事も終盤〜ほぼ形が見えてきました
    akatuki (11/07)
  • ワンパクどころ〜昇り棒で繋がる家族の絆
    akatuki (11/07)
  • ワンパクどころ〜昇り棒で繋がる家族の絆
    uchi (10/31)
  • 大工工事も終盤〜ほぼ形が見えてきました
    uchi (10/31)
  • 台風に備えて〜見えない壁・屋根の中
    akatuki (09/16)
  • 台風に備えて〜見えない壁・屋根の中
    uchi (09/15)
  • 工事着々と〜BistroHouse工事現場
    akatuki (07/03)
  • 工事着々と〜BistroHouse工事現場
    ウチ (07/02)
LINKS
アカツキデザイン建築設計事務所のHP Akatuki Design 一級建築士事務所の作品集や、建築家個人の旅行記等をご覧いただけます。
その他、家造り初心者の為の建築情報コーナーも設けています。
PROFILE
建築家・今野暁史(こんのさとし) 東京都内を中心に、埼玉県、千葉県、神奈川県の新築戸建住宅の設計・監理や、中古マンションのリフォーム・リノベーション業務を中心に行っています。
土地探しからのご相談や、具体的でない物件の建築相談等もお受けしてます。
”ライフスタイルをデザインする”をモットーにデザインのみでなく、住まい手の快適性・利便性の良い住まい造りを目指しています。
家事楽な住まいや子育てを愉しむ住宅、頭の良くなる子が育つ家などのアイデアを盛り込み、北欧モダン、和風モダンといった落ち着きある心休まる空間作りを行っています。
RSS表示パーツ