建築家の建築作品集・Webオープンハウス-工事監理〜竣工写真編

建築家・今野暁史の建築作品集です。
現場監理から竣工まで建築家目線で現場をレポートしていきます。
※こちらのブログではHPのコンテンツの一部として工事現場の写真や竣工写真を紹介しています。
建築家のプロフィールや建築相談はHPよりご確認ください。
<< まもなく着工 家具の中に暮らす家〜House in Funiture | main | 暑さに負けないコンクリート〜放射能測定 >>

HP移行のお知らせ

本BlogはHPリニューアルに伴って移行しました
新BlogはHP内に設置しております。
良ければこちらもご覧ください

→新・建築作品集はこちらから
役所検査では確認してもらえないところ〜配筋検査
HouseinFuniture基礎全体

House in Funiture の基礎工事が始まりました。
地縄張りの時は非常に狭く感じた建物ですが、鉄筋が組まれ、より家の形が見えてきました。
地面にロープだけ這わせた時と違って、少し大きく感じられるようになりました。
これならお施主さんも少し安心できるかな?

それにしても綺麗に鉄筋が組まれています。
コンクリートを打ってしまうと見えなくなる部分だからこそ、手を抜けません。

HouseinFunitureスリーブ

基礎を貫通する設備配管部に補強筋がはいっています。
この時点できちんとここまで手が回っている工務店は非常に安心できます。
こういった部分は役所の検査官はチェック&判断してくれません。
第三者機関の検査が合格だからといってすべてが同じ性能が担保されているわけではないのです。

HouseinFuniture開口補強

人通口と呼ばれる部分。
床下の点検に潜る際に、全体を確認できるように基礎の立ち上がり部分をくり貫いたところがあるのですが、そこの補強はとても重要になります。
そういった補強方法についても審査官はチェックしてくれないので設計者が責任を持って確認する必要があります。

HouseinFunitureスラブ鉄筋

スラブの鉄筋です。
とても細かく鉄筋が入れられています。
これは基礎の範囲(立ち上がりで囲まれた)が広ければ広いほど不利になり鉄筋の量が増えます。
他と違うイレギュラーなところは重点的に確認します。

HouseinFunitureピンコロ

ピンコロと呼ばれるパッキン材
これは基礎スラブの鉄筋のかぶり厚さを確保する為に入れられます。
場所ごとにこの必要かぶり厚さが決められており、アルカリ性のコンクリートで保護する事により鉄筋が錆びるのを防ぐ為に必要なものです。
このピンコロが時々ずれてしまっていたり向きが違ってしまってたりするので確認します。
コレも検査官は確認してくれません。
また、防湿シートに破れがないか?目だった異物(ゴミ)等が落ちてないか確認します。

HouseinFuniture立ち上がり

基礎の立ち上がり部分も非常に綺麗に施工されていました。
この鉄筋の上部にフック(J型に折り曲げる)をつけることが多いのですが、今回は構造計算上必要ないとの事で省略しています。
オレンジの輪っかはスペーサーで所定のかぶり厚さを確保する為のもの。
外側の型枠とこのスペーサーとの間にけっこうスキマが生じてしまっていたので、適宜基礎の巾を調整する事を工務店に確認。
このまま、巾だけを優先してコンクリートを打ってしまうと内側のかぶり厚が取れなくなってしまうからです。

HouseinFuniture鉄筋曲げ

これだけ綺麗に施工されていても誤差が出てしまうものです。
図面では線で表現していますが、実際は厚みがあり、部分的に何本も重なるところや、このように力技で折り曲げているのでどうしても誤差が出てしまいます。
そういった誤差が生じるものとして現場監理する事が重要です。

鉄筋が間違っていたからといって全てを作り直させることは出来ません。
その状況でどんな対応が出来るか適宜判断します。

HouseinFuniture捨てコンクリート

基礎の下には捨てコンクリートといって構造以外のコンクリートが打ってあります。
これは、基礎の鉄筋を配置する為の基準となる”墨”をつけたり、型枠を据え付けるのに利用します。

HouseinFunitureアンカーボルト

もうひとつ重要なのが、アンカーボルト(土台・柱と基礎をつなぐ金物)の据付位置。
まだ写真では設置されていませんが今回はコンクリート打設前までにセットする必要があります。
基礎を二回に別けて打つのですが、1回目の時点で据付しないと埋め込み寸法が足りなくなるからです。

HouseinFuniture是正工事

図面上は全く問題なかったのですが、玄関部に鉄筋を追加していただきました。
実際の施工状況を見て感覚的に鉄筋量のバランスがおかしいと感じたからです。
構造計算は万全ではありません。
力の動きをXYZとベクトルに分解(表現あってるかな?)して計算している為にあらゆる向きに対し万全でないのと、
実際には計算した位置よりズレて鉄筋が配置されるので、力の流れをイメージすることも重要だと思っています。
コレに関してはお願いでしかないのですが、快く対応していただけました。

対応していただいた工務店に感謝ですね。
それ以外にも何点か指摘を行い是正していただきました。

| House in Funiture | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kentikukawork.akatukidesign.com/trackback/78
トラックバック

このブログはAkatuki Design 一級建築士事務所の外部サイトです。

建築作品の紹介と現場監理の様子をブログ形式で発信しています。※現在は試運転中です。
Akatuki Design 一級建築士事務所 HPのご紹介
設計事務所紹介 本ブログはAkatuki Design 一級建築士事務所のコンテンツの一部をBlog形式で紹介しているものです。
HPでは、家造りに役立つコンテンツや、作品集、趣味の海外旅行の写真など幅広い情報を載せております。
是非、HPもご覧下さい。
東京都荒川区の建築設計事務所 Akatuki Design( アカツキデザイン)のHPはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Picture Slideshow

建築無料相談・リフォーム相談
建築家無料相談1
建築無料相談をお受けしています。
土地購入・不動産探しから新築・リフォームまで様々な相談にお答えしています。
ハウスメーカー、デザイン事務所、建築設計事務所での経験を生かし無料でアドバイスしております。
お気軽にご相談下さい。

→建築無料相談のお申込はこちらからお願いします

建築家のつぶやき
建築家・今野暁史のつぶやきです。


Akatuki Website Search
Loading

Akatuki Design 一級建築士事務所内の関連コンテンツ内を検索できます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 生活観の伝わる写真〜伝えたい写真
    akatuki (04/01)
  • 生活観の伝わる写真〜伝えたい写真
    ウチ (03/31)
  • 大工工事も終盤〜ほぼ形が見えてきました
    akatuki (11/07)
  • ワンパクどころ〜昇り棒で繋がる家族の絆
    akatuki (11/07)
  • ワンパクどころ〜昇り棒で繋がる家族の絆
    uchi (10/31)
  • 大工工事も終盤〜ほぼ形が見えてきました
    uchi (10/31)
  • 台風に備えて〜見えない壁・屋根の中
    akatuki (09/16)
  • 台風に備えて〜見えない壁・屋根の中
    uchi (09/15)
  • 工事着々と〜BistroHouse工事現場
    akatuki (07/03)
  • 工事着々と〜BistroHouse工事現場
    ウチ (07/02)
LINKS
設計事務所紹介 Akatuki Design 一級建築士事務所の作品集や、建築家個人の旅行記等をご覧いただけます。
その他、家造り初心者の為の建築情報コーナーも設けています。
→建築家のHPへ
PROFILE
建築家紹介 東京都内を中心に、埼玉県、千葉県、神奈川県の新築戸建住宅の設計・監理や、中古マンションのリフォーム・リノベーション業務を中心に行っています。
土地探しからのご相談や、具体的でない物件の建築相談等もお受けしてます。
”ライフスタイルをデザインする”をモットーにデザインのみでなく、住まい手の快適性・利便性の良い住まい造りを目指しています。
家事楽な住まいや子育てを愉しむ住宅、頭の良くなる子が育つ家などのアイデアを盛り込み、北欧モダン、和風モダンといった落ち着きある心休まる空間作りを行っています。
RSS表示パーツ