建築家の建築作品集・Webオープンハウス-工事監理〜竣工写真編

建築家・今野暁史の建築作品集です。
現場監理から竣工まで建築家目線で現場をレポートしていきます。
※こちらのブログではHPのコンテンツの一部として工事現場の写真や竣工写真を紹介しています。
建築家のプロフィールや建築相談はHPよりご確認ください。
<< 綺麗な見た目の金物工法〜上棟はむしろ始まり | main | 見えなくなる部分こそ大事〜防水工事・ホウ酸防蟻工事 >>

HP移行のお知らせ

本BlogはHPリニューアルに伴って移行しました
新BlogはHP内に設置しております。
良ければこちらもご覧ください

→新・建築作品集はこちらから
住宅性能評価の現場検査はちょっぴり安心?〜躯体検査の要点
HouseinFuniture性能評価検査

先日「House in Funiture」の躯体・金物検査がありました。
本来中間検査のいらない物件でしたが、今回は住宅性能評価の建設評価も受けているので躯体の構造に係る検査がありました。

性能評価を受ける事自体は初めてではなかったのですが、これまでは設計の審査のみで建設評価まで受けた事はありませんでした。
(耐震性能を上げた際に地震保険の割引やエコポイントは設計評価のみでOKなのと、費用も余分に十数万円かかる為)

検査には性能評価機関の審査官の方がくるのですが、一般的な中間検査の時に比べかなりしっかり確認していきました。

性能評価の検査も法令検査(中間検査)を同じ会社が行っている事が多いのですが、チェック項目がかなり違うみたいですね。

HouseinFuniture釘打ち

今回、指摘を受けたのは外壁の釘の間隔。 150mm間隔に入っていなければならないものが160mm前後となっている場所が多数見受けられました。

HouseinFuniture釘打ち

そして、釘の位置が端により過ぎて割れてしまっています。
合板の端から離さないといけない距離が足りず打ち直しです。
合板と合板のスキマはピッタリ埋めてはいけません。
キチンと離して施工しているからこそ余裕がなくこうなってしまいます。

その他、釘の頭が入りすぎてしまっていたり、いろいろと私からも指摘をしました。
普段であれば、審査機関の方から釘の間隔までの指摘はないので、とても助かりました。

ほんと、コレがとても厄介なのです。
検査官が指摘しなかった事を私が指摘・是正させるととても嫌な顔をされるのです。
場合によっては、「そんな事を言われた事はない。そんなことしなくて大丈夫。厳しすぎる。現場を解ってないのか!」の様な感じでなかなか取り合ってくれない事も。

職人の中には検査で合格したんだからそれ以上のこと言うなと・・・
といった態度が滲み出てくる人もいて、結構パワー使うんですよね。
でも、それは間違いなんですよね。
検査はあくまで部分的なチェックで全てを確認しているわけではないのです。
ですので、「検査合格」という言葉は使わず「検査済」という事になっているのだと思います。
冒頭の検査後に頂いたシールも「検査済}となっています。

HouseinFuniture釘打ち

検査後も引き続き細かく確認。
特に部屋内側から見て釘が飛びぬけているところは要注意です。
ズレてしまった箇所をキチンと打ちなおしているか? 下地の位置が間違っていないか等確認します。

釘の打ち忘れ

そして見つけてしまったのが、床の合板を止める釘の打ち忘れ。
聞けば、時間がなくとりあえず他を優先したのでまだ打ってなかったところがあるとの事。
ここは職人さんの言葉を信じるとして、こういったケースで打ち忘れてしまうこともあるかと思います。

このように、厳しくチェックしていたにもかかわらず、見落としがあるものです。
それは私自身のチェックでも言えること。
現場監理って難しいんですよね。

例えると何人いるかわからないウォーリーを探す様なもの?
これで伝わるかな?(笑)
どんなミスがあるか解らない状況でそれを見つけ出すのは簡単なことではありません。。

ですから現場を確認する目はいくら有ってもいいですよね。
そのために余分に10数万円掛かる事をどう考えるか・・・
悩ましい選択ですね。

とにかく重要なのは、ミスがあると疑って検査を行う事
構造上重要な部分を重点的に行い、ミスしやすい箇所を確認する事ですね。
ミスがあった場合はそのことを責めるのではなく、”気持ちよく”是正してもらう事が最重要です。

その他、防蟻処理や屋根の防水の施工風景も撮ってきたので次回UPしたいと思います。

| House in Funiture | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kentikukawork.akatukidesign.com/trackback/81
トラックバック

このブログはAkatuki Design 一級建築士事務所の外部サイトです。

建築作品の紹介と現場監理の様子をブログ形式で発信しています。※現在は試運転中です。
Akatuki Design 一級建築士事務所 HPのご紹介
設計事務所紹介 本ブログはAkatuki Design 一級建築士事務所のコンテンツの一部をBlog形式で紹介しているものです。
HPでは、家造りに役立つコンテンツや、作品集、趣味の海外旅行の写真など幅広い情報を載せております。
是非、HPもご覧下さい。
東京都荒川区の建築設計事務所 Akatuki Design( アカツキデザイン)のHPはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Picture Slideshow

建築無料相談・リフォーム相談
建築家無料相談1
建築無料相談をお受けしています。
土地購入・不動産探しから新築・リフォームまで様々な相談にお答えしています。
ハウスメーカー、デザイン事務所、建築設計事務所での経験を生かし無料でアドバイスしております。
お気軽にご相談下さい。

→建築無料相談のお申込はこちらからお願いします

建築家のつぶやき
建築家・今野暁史のつぶやきです。


Akatuki Website Search
Loading

Akatuki Design 一級建築士事務所内の関連コンテンツ内を検索できます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 生活観の伝わる写真〜伝えたい写真
    akatuki (04/01)
  • 生活観の伝わる写真〜伝えたい写真
    ウチ (03/31)
  • 大工工事も終盤〜ほぼ形が見えてきました
    akatuki (11/07)
  • ワンパクどころ〜昇り棒で繋がる家族の絆
    akatuki (11/07)
  • ワンパクどころ〜昇り棒で繋がる家族の絆
    uchi (10/31)
  • 大工工事も終盤〜ほぼ形が見えてきました
    uchi (10/31)
  • 台風に備えて〜見えない壁・屋根の中
    akatuki (09/16)
  • 台風に備えて〜見えない壁・屋根の中
    uchi (09/15)
  • 工事着々と〜BistroHouse工事現場
    akatuki (07/03)
  • 工事着々と〜BistroHouse工事現場
    ウチ (07/02)
LINKS
設計事務所紹介 Akatuki Design 一級建築士事務所の作品集や、建築家個人の旅行記等をご覧いただけます。
その他、家造り初心者の為の建築情報コーナーも設けています。
→建築家のHPへ
PROFILE
建築家紹介 東京都内を中心に、埼玉県、千葉県、神奈川県の新築戸建住宅の設計・監理や、中古マンションのリフォーム・リノベーション業務を中心に行っています。
土地探しからのご相談や、具体的でない物件の建築相談等もお受けしてます。
”ライフスタイルをデザインする”をモットーにデザインのみでなく、住まい手の快適性・利便性の良い住まい造りを目指しています。
家事楽な住まいや子育てを愉しむ住宅、頭の良くなる子が育つ家などのアイデアを盛り込み、北欧モダン、和風モダンといった落ち着きある心休まる空間作りを行っています。
RSS表示パーツ