建築家の建築作品集・Webオープンハウス-工事監理〜竣工写真編

建築家・今野暁史の建築作品集です。
現場監理から竣工まで建築家目線で現場をレポートしていきます。
※こちらのブログではHPのコンテンツの一部として工事現場の写真や竣工写真を紹介しています。
建築家のプロフィールや建築相談はHPよりご確認ください。
大工工事も終盤〜ほぼ形が見えてきました
廊下本棚

DomaDomaHouseの家具工事も大分順調に進んでいます。
階段脇に設けた家族のライブラリーもほぼ完成です。
この場所に、家族のアルバムや趣味の本などが溢れ、趣味を共有するきっかけになる予定です。

洗面所

洗面所廻りもだいぶ出来上がってきたのですが、造り付けの洗面化粧台にディテールに誤りがあり、部分的にやり直してもらう事に。
ミラーキャビネットは格安の既製品を利用したのですが、特に問題なさそうです。
ティッシュボックススペースがあったりとコストパフォーマンス高し!

キッチン

キッチンは造作工事で造っています。

施工道具

組み立てる為に様々な道具を駆使して組み立てているのですが、ついつい現場の写真でなく工事道具の写真を撮ってしまいます。。。

回り階段

階段もほぼ完成です。
曲がり階段の複雑な手摺も綺麗に出来ていました。
このスチールの手摺に木を取り付けたら完成です。

階段

階段裏は大工さんにお願いして、天井を高くしてもらいました。
この複雑な形はなかなか図面では表現するのが難しんですよね。
意図のみを伝え、大工さんに現場で対応してもらったわけですが、今回の大工さんはすぐに意図を汲み取ってくれるので大変助かりました。

色決め 色決め

仕上げ材料の最終確認です。
色の確認やクロスの選定などを行いました。

決めるものもほぼ決定し、次は外構計画の確認などを行う予定です。

| DomadomaHouse | 00:48 | comments(2) | trackbacks(0)
大工さんが造る造り付け家具
石膏ボード張り

DomadomaHouseの工事は順調に進んでおります。
とはいえ、ちょこちょこ現場で変更をお願いしている為大工さんにはご迷惑を掛けっぱなしなのですが・・・

屋根工事完了

台風等で遅れ気味だった屋根の工事も無事完了しています。
工事中に台風がくるとデメリットばかりかと思いますがそうでもありません。
雨仕舞いがうまく出来ているかの確認を完成前に出来るからです。
とりあえず今回の台風では被害も無く、安心して仕上げ工事を進められそうです。

断熱材施工

今回大工さんに気をつけていただいたのが柱、梁周りの断熱材の入れ方。
何も指示をしないとこのように耳部分が折れた状態で施工されがちなのですが、

断熱材の施工

キチンと耳を伸ばした状態で気密も確保しながら施工していただいています。
繊維系の断熱材はただ単に入っていれば良いわけではなく、きちんと満遍なく指定の厚みが確保されているかが重要です。
そして、逆に詰めすぎてもいけません。
断熱材は動かない空気の層を断熱層とするわけで、詰めすぎだと密度が高くなりすぎて断熱効果が小さくなってしまうからです。

書斎家具製作中

現場では家具工事が進んでいます。
今回はコストを抑える為、造り付け家具の本体は大工さんが造り、建具のみ建具やさんが作る予定となっています。
まだ、カウンターや扉や引き出しなどが付いていませんが大分格好になってきました。

キッチン施工中

家具屋さんが工場で作成する場合は設置を後から行うことが多く、そのために現場で設置の為のクリアランスが必要になります。
一方、大工さんが現場で作成する場合は設置の為の余裕は必要なくタイトな収まりが可能となります。
工程や、造る人によっても若干造り方が代わるのが家具工事。
仕上がりは大工さんの腕にかかっています。

洗面所

洗面所のミラーキャビネットが取り付きました。
洗面化粧台などの家具の作成方法を現場で打ち合わせを行い方針を再確認しました。
次現場に確認に来るころにはどこまで出来るかな?

| DomadomaHouse | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0)
壁・天井の施工前に
壁下地

現場では壁・天井の下地が作られ始め、大分家の形が見えてきました。

石膏ボードを施工する前に電気の配線ルートや床暖房、換気扇の配管ルート等を確認しながら施工を行っています。

壁・天井施工前

石膏ボードが貼られる前の姿も美しいんですけどね。

宙に浮くUB

こちらは吊架台を利用して取り付けられたユニットバス。
宙吊りの状態が見れるのもここまで。
完成してみるとまさか浴室が浮いているなんて想像できませんよね。

FRP防水

バルコニーのFRP防水が施工されていました。
浴室の入り口の周りにもFRP防水を補助的に掛けてもらいたかったのですが、お願いする前に施工が済んでしまっていました。
とりあえず、トップコートの施工がまだなのでその際に少し対応してもらえることになりました。

鉄骨階段

鉄骨階段の施工中です。
ササラ(階段の側面)を壁に呑み込まして施工する為、細かい加工をお願いしているところです。

ラス網の施工

外壁のモルタルの為のラス網を施工しているところです。
防水紙の付いたラス網を下から順番に張り重ねていきます。
水の流れを考慮して下地の貼る順番も影響が出てくるのです。

屋根の施工

屋根はトップライト廻り板金工事を入念に行っています。
防水の弱点になるところなので板金やさんの腕の見せ所です。

現場の図面

現場の図面。
虫眼鏡を使っているようです。
細かくてすみません。。。

| DomadomaHouse | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0)
台風に備えて〜見えない壁・屋根の中
屋根の通気

外壁、屋根の下地工事が進んでいます。
これらの工事は最終的に見えなくなってしまう部位なのですが工事監理において重要な部分。
見えなくなるからこそしっかりとチェックをしておきたい工事です。

窓周りの通気胴縁

窓廻りの下地の一部できちんと空気の流れが確保できていない部分を発見。
これでは、せっかく設けている通気胴縁が有効に働かないのでやり直しをお願いしました。

トップライト廻り 台風対策

屋根の防水の中で一番の弱点になるトップライト廻り。
今後の施工の手順などを確認しました。
屋根の防水下地に見慣れない黄色いテープが・・・
これは台風対策として板金やさんが施工してくれたもので、台風によってルーフィングがめくれあがるのを防ぐ為に施工していただいたようです。

板金工事

それ以外に基礎や壁との取り合い部分には水切りといった金物を施工します。
工場で整形した材料を現場に持ち込み、現場で細かい加工を施しているところです。
この板金やさんの腕に建物の寿命が左右されるといっても過言ではありませんね。

下屋部分

トップライト廻りの内側です.
今回は耐震等級2にする為に途中から柱と筋交いを追加しました。

実は設計段階でも耐震等級2相当で計画していたのですが。最終的な構造のチェックの段階で構造ソフトのシステム的な理由で追加になったのです。
イレギュラーな取り合いや補強が計算上加味されない為、システム上必要となる部分に補強として入れました。

本当はないほうがすっきりするんですけどね。
やはり東日本大震災を受けてデザインだけでなく耐震性能を重視せざるを得なくなりましたね。

仮説の棚 大工工事

私が現場で好きなところは大工さんが臨時で作る工具の保管棚。
トイレの部分に棚を作って工事がしやすいようにしていました。
工事中にいろいろと場所が変わりながら大工さんが工事を進めます。
現場にはコンパクト冷蔵庫が設置されたり、大工さん色に染められている感じがなんだかいいんですよね。

配管配線工事 レンジフードダクト工事

天井の下地の施工とともに配水管や換気ダクトの施工がされています。
レンジフードのダクトは通常ロックウールを50mm巻かないといけないのですが、今回は20mmで施工できる特殊な部材を利用しています。
部屋内に余計な出っ張りを作りたくない為で、その見えなくする為にお金を掛けているんですね。。。

完成して見える表面的な仕上げだけにお金を掛けてもなかなか良い家になりません。
見えなくなる部分、見えなくする工事にお金を掛ける事も重要だと思っています。

| DomadomaHouse | 23:52 | comments(2) | trackbacks(0)
見えなくなる前に
DomaDomaHouse躯体

DomaDomaHouseの躯体の確認に行ってきました。
来週にも躯体の検査の予定だったのですが、特殊な納まりの部分があったので、途中段階で確認に行って来たのです。

外壁の部分には構造用合板が張られ、開口部の下地まで入れられていました。
前回以上に仕上がりの様子が予想でき、明るさの確認が出来ました。

下屋部分

第一の不安要素は下屋と呼ばれる屋根が下がった部分。
壁の力をうまく屋根に伝達できるようにうまく施工できているかの確認で、屋根を二重屋根にする予定である為手遅れになる前に正しく施工できているかを確認しました。

2階躯体

二階部分は一階に比べて壁がないためすっきり。
間仕切壁を建てる前が一番開放的ですね。
なんだか、天井や壁を作るのがもったいなく感じてしまいます。

外観

屋根部分が前回より施工が進みほぼ完成形のシルエットを確認できるようになりました。
この敷地の性質上この向きの外観が非常に良く見える為プロポーションが予想と大きくずれていないことを確認します。

屋根の施工

この日は大雨が降り、急いで屋根の防水下地を施工してもらっています。
しかし、すでに下地が水分を含んでしまっているのでこの日は完全に施工せず、一度乾燥させてから再施工していただくことにしていただきました。
しかし、雨の日に屋根に登る作業は見ているほうがちょっと冷や冷やします・・・

浴室チェック

浴室の確認をショールームにて行ってきました。
やはり、ショールームの方の説明を聞きながら実物を眺めるといろいろ悩んでしまいますよね。
お施主様にはいつも工事費が確定した後に確認してもらうことにしています。
でないと、全体の工事費を無視したオーバースペックな浴室になりがちだからです。

他にも電気配線のルートの確認や機器の再検討など行い今後の工事に備えています。

| DomadomaHouse | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0)

このブログはAkatuki Design 一級建築士事務所の外部サイトです。

建築作品の紹介と現場監理の様子をブログ形式で発信しています。※現在は試運転中です。
Akatuki Design 一級建築士事務所 HPのご紹介
北欧モダン住宅設計のAkatuki Design一級建築士事務所
本ブログはAkatuki Design 一級建築士事務所のコンテンツの一部をBlog形式で紹介しているものです。
HPでは、家造りに役立つコンテンツや、作品集、趣味の海外旅行の写真など幅広い情報を載せております。
是非、HPもご覧下さい。
東京都荒川区の建築設計事務所 Akatuki Design( アカツキデザイン)のHPはこちらから
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Picture Slideshow

建築無料相談・リフォーム相談
建築無料相談会実施中

建築無料相談をお受けしています。
土地購入・不動産探しから新築・リフォームまで様々な相談にお答えしています。
ハウスメーカー、デザイン事務所、建築設計事務所での経験を生かし無料でアドバイスしております。
お気軽にご相談下さい。

→建築無料相談のお申込はこちらからお願いします

建築家のつぶやき
建築家・今野暁史のつぶやきです。


Akatuki Website Search
Loading

Akatuki Design 一級建築士事務所内の関連コンテンツ内を検索できます。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • 生活観の伝わる写真〜伝えたい写真
    akatuki (04/01)
  • 生活観の伝わる写真〜伝えたい写真
    ウチ (03/31)
  • 大工工事も終盤〜ほぼ形が見えてきました
    akatuki (11/07)
  • ワンパクどころ〜昇り棒で繋がる家族の絆
    akatuki (11/07)
  • ワンパクどころ〜昇り棒で繋がる家族の絆
    uchi (10/31)
  • 大工工事も終盤〜ほぼ形が見えてきました
    uchi (10/31)
  • 台風に備えて〜見えない壁・屋根の中
    akatuki (09/16)
  • 台風に備えて〜見えない壁・屋根の中
    uchi (09/15)
  • 工事着々と〜BistroHouse工事現場
    akatuki (07/03)
  • 工事着々と〜BistroHouse工事現場
    ウチ (07/02)
LINKS
アカツキデザイン建築設計事務所のHP Akatuki Design 一級建築士事務所の作品集や、建築家個人の旅行記等をご覧いただけます。
その他、家造り初心者の為の建築情報コーナーも設けています。
PROFILE
建築家・今野暁史(こんのさとし) 東京都内を中心に、埼玉県、千葉県、神奈川県の新築戸建住宅の設計・監理や、中古マンションのリフォーム・リノベーション業務を中心に行っています。
土地探しからのご相談や、具体的でない物件の建築相談等もお受けしてます。
”ライフスタイルをデザインする”をモットーにデザインのみでなく、住まい手の快適性・利便性の良い住まい造りを目指しています。
家事楽な住まいや子育てを愉しむ住宅、頭の良くなる子が育つ家などのアイデアを盛り込み、北欧モダン、和風モダンといった落ち着きある心休まる空間作りを行っています。
RSS表示パーツ